銀座で行われている婚活パーティーに参加しました

本気で出会いを探していた

本気で出会いを探していたのですが、なかなかいい出会いをすることができませんでした。
合コンにいって素敵な人と出会うことができても、結局遊び相手として見られていなかったりして悲しい思いをすることもよくありました。
もっと本気で結婚を考えてくれる人と出会いたいと思ったので、私は思い切って銀座で開催されている婚活パーティーに参加をすることにしました。
銀座で行われている婚活パーティーはすごく評判が高く、とてもいいと聞いていたので楽しみでした。
すぐに申し込みをしました。
前日はとにかくドキドキしていてなかなか眠ることができませんでした。
それくらい楽しみでした。
当日は、受付開始が午後の13時だったのですが、楽しみなのと緊張しているのもあり12時半にはついていました。
受付開始の時間になったので、受付にいくとすでに数人の方がきていました。
受付に並んでいると、後ろに並んでいた30代の男性に突然声をかけられました。
びっくりとして振り返ると、私はハンカチを落としていたようでした。
そのハンカチを拾ってくれていたのです。
私はいきなりやってしまった、と思いました。
でも、その男性は、すごく優しい穏やかな笑顔で私にハンカチを渡してくれたので、本当に安心できました。
少しだけ落としてよかったと思ってしまいました。
受付を済ませるとすぐに自分のプロフィールカードを書くことになりました。
プロフィールカードは、簡潔にわかりやすく書くことが大事だと教えてもらいました。
私は、自分の性格とかどんな人と出会いたいと思っているのかとか、趣味とか職業など、周りの人が知りたいと思っている情報をわかりやすく書きました。
わかりやすく書くことで、きっと多くの人が興味を持ってくれると思いました。
パーティーが始まり、1人1人の男性と短時間会話をする時間がありました。
その会話をする時間はとても楽しかったです。
いろいろな男性のいい部分がみえてよかったです。

本気で出会いを探していたとてもいい婚活パーティーでした

銀座の婚活パーティーで理想の異性と出会った

いつか結婚をしてみたいと漠然には考えていましたが、なかなか具体的なイメージをすることができず、毎日の仕事に追われながら、気がつくと1日が終わるという毎日を過ごしていました。
そんな時、友人から婚活パーティーに参加してみないかと誘われました。
突然の誘いと言うこともあり、正直、あまり乗り気では無かったのですが、会場が銀座で開催されることもあり、たまにはドレスアップをして、おしゃれな場所で、気軽に飲食やおしゃべりを楽しむだけでも良いからとすすめられ、それならば参加してみようと決心しました。
とりあえず、友人と二人で待ち合わせ、どこのメーカーの製品かも忘れてしまった安いスーツを着て現地に行くと、だいたい2、3人の同性のお友達のグループで参加している方が多く、まずは、その中でのおしゃべりを楽しんでいる様子でした。
いつになったら始まるのかと思っていた頃に、司会の方がやって来て、席に着くことを指示され、ひとつのテーブルに、だいたい同人数の男女が割り振られる形になりました。
お酒を飲んだり、食事をしながらおしゃべりを楽しむ時間ですが、躊躇している私をよそに、こういった場が慣れている友人は、次々と異性の方に声をかけ、楽しそうに話していました。
元々、おしゃべりが上手で、友達の多い人間ですが、そのような能力が、このような場でも発揮されて、羨ましく思いながら、眺めていました。
せっかく来たのだから、このままではいけないと思っていたところ、なんと、ある女性の方から、いっしょに飲みながらお話しませんかと誘われました。
緊張している私を気遣うように、自己紹介や、仕事、趣味についてお互いに話していたところ、共通の趣味があることに加えて、実は意外と近くに住んでいることが分かり、気がつくとすっかり打ち解けていました。
その後、司会の方の指示で、席のシャッフルが行われ、他のグループの方ともおしゃべりをする時間となりましたが、一応、形式的な話をする形で、失礼があったら申し訳ないと思いつつも、既に気持ちは、先ほどの女性で一杯になっていました。
数回の席のシャッフルが終わった末、最後に、告白をする時間となりました。
理想の相手を専用の用紙に書き込み、スタッフの方が回収し、両思いとなれば、カップル成立です。
もしも、成立しなかった場合は、特に発表も無く終わるようになっており、ダメだった場合の配慮がされていました。
当然私は、最初に決めた女性の名前を書きました。
最後の方で、確かに意気投合し、打ち解けることができたと確信したつもりでしたが、それはあくまでも、こちらの一方的な感情であり、相手はどう思っているか分かりません。
むしろ、今日は楽しく過ごすことができたため、たとえここで終わっても、楽しい思い出ができて良かったと思えるほど、楽しい時間でした。
そう頭の中で考えていた頃、いよいよ発表の時を迎えました。
次々とカップルが成立していく中、友人は早々にカップルとなり、元々モテる彼ですから、当然の結果です。
そろそろ終わりに近付き、やっぱり自分はカップルになれなかった、しかし、楽しかったから良かったと会場を後にしようかと考えたところ、私と、用紙に記入した女性との名前が読み上げられ、カップルが成立しました。
信じられないと心の中で叫び、相手の方が、私の名前を書いてくれたことに驚きました。
早速、彼女と連絡先を交換し、また会う約束をしました。
正直、すぐに結婚をすることは、なかなかイメージできませんが、まずはお友達からと言うことで、お付き合いをさせて頂くことになり、楽しい毎日を過ごしています。
今では、婚活パーティーに誘ってくれた友人、素敵な場を提供してくださったスタッフの皆様に、感謝しています。